“承諾書”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
しょうだくしょ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“承諾書”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それは家畜撲殺ぼくさつ同意調印法といい、たれでも、家畜を殺そうというものは、その家畜から死亡承諾書しょうだくしょを受け取ること、又その承諾証書には家畜の調印を要すると、こう云う布告だったのだ。
フランドン農学校の豚 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)