“微光:うすあかり” の例文
“微光:うすあかり”を含む作品の著者(上位)作品数
近松秋江1
“微光:うすあかり”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
深夜よふけの朧に霞んだ電灯の微光うすあかりもとに惜気もなく露出して、任せた柔い真白い胸もと。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
深夜よふけの、朧に霞んだ電灯の微光うすあかりもとに、私は、それを、何も彼も美しいと見た。
別れたる妻に送る手紙 (新字新仮名) / 近松秋江(著)