“復讎:かたき” の例文
“復讎:かたき”を含む作品の著者(上位)作品数
夏目漱石1
“復讎:かたき”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
僕はこの通り自然に復讎かたきを取られて
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「君は何だって、あの時僕の為に泣いてくれたのだ。なんだって、僕の為に三千代を周旋しようとちかったのだ。今日こんにちの様な事を引き起す位なら、何故なぜあの時、ふんと云ったなり放って置いてくれなかったのだ。僕は君からこれ程深刻な復讎かたきを取られる程、君に向って悪い事をした覚がないじゃないか」
それから (新字新仮名) / 夏目漱石(著)