“御芳声”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ごほうせい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“御芳声”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
心得ましてござりまする、何かは存じませねど、かの丹下殿とはわたくしも別懇べっこんのあいだがら……殿のおことばがなくとも、必要とあらばいつにても助勢を繰り出すべきところ——しかも、お眼にとまってわたくしどもへ御芳声ごほうせいをいただき、軍之助一門
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)