“御女儀”の読み方と例文
読み方割合
ごにょぎ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやしき河原者、身分ちがいの身にて、御女儀ごにょぎさまのお居間へなぞ——全く以て思いもかけませぬ——」
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)