“引受書”の読み方と例文
読み方割合
ひきうけしょ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
或日、彼は、会社の机に向って、そこに有り合わせた修理引受書用紙を裏がえしにして、ペンで“未来の地下戦車長”と、また書き始めたのであった。
未来の地下戦車長 (新字新仮名) / 海野十三(著)