“岩谷”の読み方と例文
読み方割合
いわや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
天狗煙草が全盛の時代で、岩谷天狗の松平氏が赤服で馬車を駆っているのを見た記憶がある。
銀座アルプス (新字新仮名) / 寺田寅彦(著)
古山文学博士は、岩谷美術館の館長でした。
妖星人R (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
六感で静岡の岩谷だということが感づけた。
縮図 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)