“小高見:こだかみ” の例文
“小高見:こだかみ”を含む作品の著者(上位)作品数
若松賤子1
“小高見:こだかみ”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
お城に続いてる古い森が大層広いのを幸いその後鹿しかうさぎを沢山にお放しになって遊猟場ゆうりょうばに変えておしまいなさり、また最寄もより小高見こだかみへ別荘をお建てになって
忘れ形見 (新字新仮名) / 若松賤子(著)