“小頭目:しょうとうもく” の例文
“小頭目:しょうとうもく”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“小頭目:しょうとうもく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
にのった精悍せいかんな影は、その時もう五騎六騎と、彼の前後を包囲してきた。いうまでもなく黄巾賊の小方しょうほう小頭目しょうとうもく)らである。
三国志:02 桃園の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR