“安成”の読み方と例文
読み方割合
やすなり100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あれでも、こんな片田舎では、用心棒ぐらいな事をごまかしているのかも知れないが、少なくも安成三五兵衛の目から見ては、問題のほかだ。
八寒道中 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
と、今にして思へば、試験官は、安成貞雄氏だつた。くりくり坊主が振向いて
今、安成(二郎)さんがお帰りになつたところです。私は何もお話も書きもしないつもりでしたけれど、折角あなたの紹介でこんな処までゐらしつたのですから、書くだけは御約束いたしました。