“女髪兼安”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にょはつかねやす100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“女髪兼安”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
深山の巻——女髪兼安にょはつかねやす——
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)
人呼んで女髪兼安にょはつかねやす、弓削家代々の名刀じゃ。しかし、必ずともに、その女髪を見んとて、鯉口こいぐち三寸、押し拡げるでないぞ。抜かぬ剣、斬らぬ腕、そこが法外流の要諦ようていじゃ。女髪を覗いて、伝えらるるがごとく、邪心を発し、渦乱を捲き起してはならぬ、よいか。
煩悩秘文書 (新字新仮名) / 林不忘(著)