“夜興”の読み方と例文
読み方割合
やきょう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
労働歌が絃歌になり、蜂須賀侯のような大名までが、夜興やきょう口誦くちずさみにたわむれたものとみえる。
宮本武蔵:04 火の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)