“地蔵十輪経:じぞうじゅうりんきょう” の例文
“地蔵十輪経:じぞうじゅうりんきょう”を含む作品の著者(上位)作品数
幸田露伴1
“地蔵十輪経:じぞうじゅうりんきょう”を含む作品のジャンル比率
哲学 > 心理学 > 超心理学・心霊研究4.5%
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 民間信仰・迷信[俗信]4.0%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
如何にも日本武士的、鎌倉もしくは足利期的の仏であるが、地蔵十輪経じぞうじゅうりんきょうに、この菩薩はあるいは阿索洛アシュラ身を現わすとあるから、かぶとこうむり馬に乗って、甘くない顔をしていられても不思議はないのである。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
PR