“じぞうじゅうりんきょう”の漢字の書き方と例文
語句割合
地蔵十輪経100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何にも日本武士的、鎌倉もしくは足利期的の仏であるが、地蔵十輪経じぞうじゅうりんきょうに、この菩薩はあるいは阿索洛アシュラ身を現わすとあるから、かぶとこうむり馬に乗って、甘くない顔をしていられても不思議はないのである。
魔法修行者 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)