“唐偏朴”の読み方と例文
読み方割合
とうへんぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
唐偏朴のあののっそりめに半口やるとはどういうわけ、日ごろの気性にも似合わない、やるものならば未練気なしにすっかりやってしまうが好いし
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
のろりのろりとしたたか清めて碁盤肌にでも削ろうかとみを云ったこともありました、第一あいつは交際知らずで女郎買い一度一所にせず、好闘鶏鍋つつき合ったこともない唐偏朴
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)