“右半身:ゆうはんしん” の例文
“右半身:ゆうはんしん”を含む作品の著者(上位)作品数
森鴎外1
“右半身:ゆうはんしん”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
栲窓は抽斎の歿した頃奥医師を罷めて大塚村おおつかむらに住んでいたが、明治七年十二月に卒中し、右半身ゆうはんしん不随になり、ここいたって終った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)