“右京大夫:うきょうだゆう” の例文
“右京大夫:うきょうだゆう”を含む作品の著者(上位)作品数
紫式部1
“右京大夫:うきょうだゆう”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
こう挨拶あいさつをして行ったが、宮は御自身の留守の時を選んでなぜ来たのであろうとお疑いをお持ちになるような方であるからと薫は思い、それを避けるために侍所さぶらいどころの長になっている右京大夫うきょうだゆうを呼んで、
源氏物語:51 宿り木 (新字新仮名) / 紫式部(著)