“叱咤暗鳴:しったあんめい” の例文
“叱咤暗鳴:しったあんめい”を含む作品の著者(上位)作品数
中里介山1
“叱咤暗鳴:しったあんめい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
しかしながら、右手に鋭剣をとり、左手に羂索けんさくを執り、宝盤山の上に安坐して、叱咤暗鳴しったあんめいを現じて、怖三界ふさんがいの相をすという威相は、その煤けた古色の間から燦然さんぜんと現われているところを見れば、またかなりの名画と見なければなりません。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)