“十字辻筮”の読み方と例文
読み方割合
ジフジノツジウラ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その親父の島鵆や、水天宮や、十字辻筮などは、まだ新歌舞妓と言ふ境地にも達して居なかつた、唯の歌舞妓の一変種に過ぎぬものであり、そゝりや茶番の延長でもあつた。
雑感 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)