“円融坊”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
えんゆうぼう100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“円融坊”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かつての侍僧忠円の密書を手にされた大塔ノ宮から、本院の座主へお使いがあると、ほどなく、弟宮の座主は、みずからその兄宮のいる東塔とうとう南谷の円融坊えんゆうぼうとよぶ坊舎の内を、そっと訪ねていたのだった。
私本太平記:04 帝獄帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
PR