“入道相国”の読み方と例文
旧字:入道相國
読み方(ふりがな)割合
にゅうどうしょうこく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“入道相国”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
積悪せきあくむくいのため、赤鬼青鬼の迎えをうけ、炎の車で地獄へ持って行かれたとする入道相国にゅうどうしょうこくの既成概念とは
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)