“優婉瑰麗”の読み方と例文
読み方割合
ゆうえんかいれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わけても後者は、ウィーン・フィルハーモニー管弦団を指揮したもので、ワルターのレコード中でも傑作に属し、豊かな情緒と洗練された美しさを持ち、優婉瑰麗を極めたものである。
楽聖物語 (新字新仮名) / 野村胡堂野村あらえびす(著)