“儀剛”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎごは100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“儀剛”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
然し、貴方も人から偏屈だとか、一国だとか謂れてゐらつしやるのですから、成程儀剛ぎごはな片意地なところもおあんなすつて、色恋の事なんぞには貪着とんちやくを遊ばさん方で、それで私の心も汲分けては下さらんのかと、さうも又思つたり致して
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)