“偽人”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ぎじん100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
異端邪説があればこそ、ここに初めて真人しんじんと、偽人ぎじんとの選り分けができる。