“偏重”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
へんちょう75.0%
へんちよう25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は過去のみに偏重して愛着を感じているわけでもないのですから、いずれ現代のモダン風俗を、私の個性のもつ思想や作味によって、表現してみる時期のあることを、自分で希望もし
多少穿ち過ぎた推測かも知れないが、「他人がどう登ったから、自分はどう登る」といった競争意識、登山技術のみをもって人間の格付けをしようとする技術偏重主義、あるいはさらに進んで
ピークハンティングに帰れ (新字新仮名) / 松濤明(著)