“佾”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
イツ66.7%
いつ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これは、神あそびの舞人の数が、支那式の「イツ」を単位とする風に、もっとも叶うものと考えられだしたからだ。
水の女 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
此は、神あそびの舞人の数が、支那式の「イツ」を単位とする風に、最叶ふものと考へられ出したからだ。
水の女 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
いや、この頃の季氏の専横は、全く言語道断じゃ。侯国の臣下でありながら、自分の家廟で、天子の舞である八いつの舞を舞わせるような、僭上沙汰までやっていると聞くが、もしこれをも忍ぶとしたら、天下に忍びがたいものはないわけじゃ。
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)