“仕付糸”の読み方と例文
読み方割合
しつけいと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
麻笥(近頃まで貧家の婦人は必ず所持せしものにて今用いる味噌こしを紙にて張りしもの。目今は舶来の仕付糸安き故、麻にてこれをうむもの少なしという)をえて立出づるは精米を
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)