“仏頂顔”の読み方と例文
読み方割合
ぶっちょうづら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
お主婦さんはいつもあんな仏頂顔をしているけれど、相当の家柄だったのが零落して苦労してきた人だけに、非常に思いやりがあって、自分のような我儘者にも種々親切にしてくれること……など。
反抗 (新字新仮名) / 豊島与志雄(著)