“今春碩”の読み方と例文
読み方割合
いまはるせき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
成善に至っても、幼い時から多紀安琢の門にっていた。またに弘前に来たも、医官北岡太淳手塚元瑞今春碩らは成善に兼て医を以て仕えんことを勧め、こういう事を言った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)