“仆木”の読み方と例文
読み方割合
ふぼく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その痕跡の仆木が、縦横に算を乱している、そうして腐った木に、羊歯だの、蘇苔が生ぬるくびついて、唐草模様の厚い毛氈を、円くせてある、踏む足はふっくらとして
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)