“人非木石皆有情”の読み方と例文
読み方割合
ひとほくせきにあらずみなうじやう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんなふうにはほかから見られまいと忍んでいるのであるがと薫は思い乱れながら「人非木石皆有情不如不逢傾城色
源氏物語:54 蜻蛉 (新字新仮名) / 紫式部(著)