“人囃”の読み方と例文
読み方割合
にんばやし100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
何でエ! 節句の内裏様や五人囃じゃアあるめエし、並んでじっとしていねえで、飛び込んで来たらどうだ。ヤイ、てめえ、眼の色が変っているぞ。
魔像:新版大岡政談 (新字新仮名) / 林不忘(著)