“人さわがせ屋”の読み方と例文
読み方割合
センセイション・モンガア100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
人さわがせ屋というものはあるもので、濠洲と南亜の海岸彼地此地で、空壜に這入った手紙や、遺書のようなものが六つも、浜に流れ着いたと言って届け出られた。
沈黙の水平線 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)