“京都落”の読み方と例文
読み方割合
みやこお100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京都落ちを極め込んで、御新開の江戸で一稼ぎと来る途中、この人が、諏訪博奕に手を出して、持物から路銀までみんなはたいてしまい、やむなく、元のもぐさ採りから思いついて
宮本武蔵:06 空の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)