“京華文雅”の読み方と例文
読み方割合
けいかぶんが100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私たちの仲間でないと、まだ今日容易に認められまいと思うことは、学問の中心は必ずしも京華文雅の、間にのみは存在しなかったということである。
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)