“下和田宿:しもわだじゅく” の例文
“下和田宿:しもわだじゅく”を含む作品の著者(上位)作品数
吉川英治1
“下和田宿:しもわだじゅく”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
で、その晩は、小県ちいさがた下和田宿しもわだじゅくに着いて、いかがわしい旅籠はたごでいかがわしい女どもを揚げ、いかがわしい酒とさかなで、昼の仲直りということになり、えいがたけなわとなるに及んでは、周馬がいかがわしい三味線に合せて、怪しげな江戸唄の声自慢までやりだした。
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)