“万石浦”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
まんごくうら100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“万石浦”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
と清澄の茂太郎は、海の彼方かなた万石浦まんごくうらの方を見つめながら言いました。
大菩薩峠:37 恐山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
ここから北東部といえば、北上川の支流にあたる追波おっぱ雄勝おかち方面と、それから自分がいま経て来た万石浦まんごくうらから、女川湾おんながわわんをいうのです。
大菩薩峠:34 白雲の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)