“モルヒネ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
莫児比涅50.0%
莫児比𣵀50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それが酒断さけだちの水であらうと、塩であらうと、莫児比涅モルヒネであらうと、悉皆みんな持合せのおせつかいからする事なので、男は目をつむつて謹んでそれを戴かなければならぬ。
「その女とですね、僕は一度情死をしかけたことがあるのですよ。まだ学校にいた頃ですが、ホラ、僕のは医学校でしょう。薬を手に入れるのは訳ないんです。で、二人が楽に死ねる丈けの莫児比𣵀モルヒネを用意して、聞いて下さい、鹽原へ出かけたもんです」
屋根裏の散歩者 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)