“パライソウ”の漢字の書き方と例文
語句割合
波羅葦増雲100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「故國」の譯に波羅葦増雲パライソウとあるは、文祿慶長年間葡萄牙語より轉じて一時、わが日本語化したる基督教法に所謂天國の意なり。譯者
海潮音 (旧字旧仮名) / 上田敏(著)
「故国」の訳に波羅葦増雲パライソウとあるは、文禄慶長年間、葡萄牙ポルトガル語より転じて一時、わが日本語化したる基督教法に所謂いはゆる天国の意なり。訳者
海潮音 (新字旧仮名) / 上田敏(著)