“ジャンプ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
跳躍60.0%
すげさせ20.0%
飛ばして20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
運動には徒歩競走、障碍競争、跳躍ジャンプ鉄槌ハンマー投、二人三脚その他があった。
投手の柳は新米だがその変化に富める球と頭脳ずのうの明敏ははやくも専門家に嘱目しょくもくされている、そのうえに手塚のショートも実際うまいものであった、かれはスタートが機敏で、跳躍ジャンプして片手で高い球を取ることがもっとも得意であった。
ああ玉杯に花うけて (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)
斧の方は、村の鍛冶屋にそれをすげさせジャンプたらよかろうという助言もあったが、わたしは彼を飛ばしてジャンプ自分で森から取ってきたヒッコリーの柄をつけて間にあわせた。
斧の方は、村の鍛冶屋にそれをすげさせジャンプたらよかろうという助言もあったが、わたしは彼を飛ばしてジャンプ自分で森から取ってきたヒッコリーの柄をつけて間にあわせた。