“ゴースト”の漢字の書き方と例文
語句割合
幽霊100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかも博士は講義の時間にイプセンの「幽霊ゴースト」を散々に罵倒した。
無名作家の日記 (新字新仮名) / 菊池寛(著)