“カオス”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
混沌50.0%
渾沌50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
船のそばにあるものは、永遠の夜の暗黒と、泡だたぬ波浪の混沌カオスで、左右、一リーグほどのところに、巨大な氷の城壁が、荒涼たる天空に向って、宇宙の壁のように聳え立っているのが、ときどきぼんやりと視覚にうつる。
南極記 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
そんなことを考えているうちに、列車は薄暮の渾沌カオスの町へと滑り込んだ。
七重文化の都市 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)