“カオス”の漢字の書き方と例文
語句割合
渾沌100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そんなことを考えているうちに、列車は薄暮の渾沌カオスの町へと滑り込んだ。
七重文化の都市 (新字新仮名) / 野上豊一郎(著)