“わきが”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
腋臭88.2%
狐臭5.9%
腋香5.9%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
吐かせようとして抱きかかへると、ぷんと腋臭わきがめくにほひがしたが、それは永年忘れてゐたわが子のにほひだつた。
六白金星 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)
「さてね、お前には腋臭わきがが無かつた筈だし、感心に汗臭くもないやうだ、臭いと言へばお互ひに貧乏臭いが——」
狐臭わきがのある女や男やは、愈〻其の奇臭を發揮して空氣の純潔をみだす。
努力論 (旧字旧仮名) / 幸田露伴(著)
雪国の女らしい白い肌をした姉は少し甘い腋香わきがをもつてゐた。
町の踊り場 (新字旧仮名) / 徳田秋声(著)