“よれよれ”の漢字の書き方と例文
語句割合
縒々100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
手をつかえているのは、人品はいやしくないが、縒々よれよれになった帷子かたびらを着て、貧しげな前差まえざし一本を帯びた浪人で、彦兵衛よりは年もずっとっている民谷銀左衛門であった。
鍋島甲斐守 (新字新仮名) / 吉川英治(著)