“よいぞら”の漢字の書き方と例文
語句割合
宵空100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、其処では一度別れて、約束の刻限こくげんに、数右衛門が通用門から出て行くと、庄左衛門は先に外へ出て居て、灰色の宵空よいぞらをながめながら立っていた。
濞かみ浪人 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
三蔵たち、青鷺組の者は、そこから小一里さきの、庄内川しょうないがわの渡り口をやくしている大留城を、やがて宵空よいぞらの彼方に見る辺りまで、近づいて行った。
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)