“やばい”の漢字の書き方と例文
語句割合
野梅100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
野梅やばいの若木が二三ぼん処々ところ/\に立つてるばかり、に樹木とてはないので、なんだか墓のやうな気がしなかつた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
彼女の「野崎村」はつやにとぼしかったといえるかも知れなかったが、野梅やばいのようなお光と、白梅のような久松と、うす紅梅のお染とがよく語りわけられて、そのうちにもお染はともすると
豊竹呂昇 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)