“もおすまじく”の漢字の書き方と例文
語句割合
申間敷100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女性にょしょう尊重仕るべく、一切異議申間敷もおすまじく候と抑えられていたであったから、定基の妻は中々納まっては居なかった
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)