“まけぎらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
負嫌100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私は我儘者の常として、見栄坊みえぼうの、負嫌まけぎらいだったから、平生も余り不勉強の方ではなかった。
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
一體見得坊で、少し片意地な點もあつて、加之に負嫌まけぎらい
平民の娘 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)