“ほなか”の漢字の書き方と例文
カタカナ:ホナカ
語句割合
火中100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
真嶺さねし、相摸さがむ小野おのに、ゆるの、火中ほなかちて、いしきみはも……。
春まひる向つ山腹やまはらに猛る火の火中ほなかに生るるいろのさやけさ
風隠集 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)