“ふすいかん”の漢字の書き方と例文
語句割合
涪水関100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
途中、涪水関ふすいかん重慶じゅうけいの東方)にかかると、その日も、山上の関門から手をかざして、麓の道を監視していた番兵が、
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そのときこの蜀の名将二人を一席に殺して、たちまち兵馬を蜀中へ向け、一挙、涪水関ふすいかんを占領してしまう。
三国志:09 図南の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)